2021.09.08 B×M 山崎颯・来田が活躍も守乱で首位陥落

オリックス・バファローズ千葉ロッテマリーンズ 第18回戦

18:00 ほっともっとフィールド神戸 5,416人


f:id:KB301172:20210908215033j:image


 

スコア

 

ロッテ   000 001 030=4

オリックス 000 100 000=1

 

勝利投手 二木 康太 5勝5敗

敗戦投手 吉田 凌  1勝1敗

セーブ  益田 直也 4敗31セーブ

ホームラン

 来田 涼斗(2号ソロ)

 レオニス・マーティン(25号3ラン)

 

継投

ロッテ 二木 - 佐々木千 - 益田

オリックス 山崎颯 - 海田 - 比嘉 - 吉田凌 - K-鈴木

 

スタメン

ロッテ

1 中 荻野 貴司

2 左 角中 勝也

3 二 中村 奨吾

4 右 レオニス・マーティン

5 一 ブランドン・レアード

6 三 安田 尚憲

7 指 佐藤 都志也

8 遊 藤岡 裕大

9 捕 加藤 匠馬

SP 美馬 学

 


オリックス

1 左 来田 涼斗

2 中 福田 周平

3 三 宗 佑磨

4 右 杉本 裕太郎

5 指 アダム・ジョーンズ

6 一 スティーブン・モヤ

7 二 安達 了一

8 捕 若月 健矢

9 遊 紅林 弘太郎

SP 山崎 颯一郎

 

 

 

試合経過

(仕事帰りに行ったので写真はありません)

 

オリックス先発は山崎颯一郎。5回までロッテ打線を無失点に抑えるピッチング。

 

4回には来田のソロホームランが飛び出し1点を先制。地元神戸での大きなホームランでした。

 

6回、マーティンのタイムリーツーベースで同点に追いつかれます…。記録には残っていませんが、この時の杉本の打球処理がもたついていていただけないプレーでした…。

8回にも来田が平凡なフライを落球。そこからマーティンの勝ち越し3ランホームランを被弾。その後来田はフェンス激突のファインプレーを見せましたが時すでに遅し。最後は益田に通算150セーブを献上して再びの首位陥落。

 

 

守備のミスが失点に直結した試合。来田もまだ高卒ルーキーなので少しずつ粗い部分を磨いていってほしいですね。

 

2021.09.07 B×M 大下追撃弾&サヨナラ打で再奪首!!

オリックス・バファローズ千葉ロッテマリーンズ 第17回戦

18:00 ほっともっとフィールド神戸 5,558人

 

スコア

f:id:KB301172:20211108142918j:plain



勝利投手 平野 佳寿 1勝3敗17セーブ

敗戦投手 田中 靖洋 1勝1敗

ホームラン 大下 誠一郎(1号 ソロ)

継投

 ロッテ   美馬-国吉-佐々木千-田中

 オリックス 宮城-吉田凌-海田-ヒギンス-平野佳

 

スタメン

ロッテ

1 中 荻野 貴司

2 左 角中 勝也

3 二 中村 奨吾

4 右 レオニス・マーティン

5 一 ブランドン・レアード

6 指 安田 尚憲

7 遊 アデイニー・エチェバリア

8 三 藤岡 裕大

9 捕 田村 龍弘

SP 美馬 学

 


オリックス

1 中 福田 周平

2 三 宗 佑磨

3 二 安達 了一

4 右 杉本 裕太郎

5 指 スティーブン・モヤ

6 一 頓宮 裕真

7 左 来田 涼斗

8 捕 伏見 寅威

9 遊 紅林 弘太郎

SP 宮城 大弥

 

 

試合経過


f:id:KB301172:20210908082837j:image

オリックスの先発は宮城。この日は(球審芦原のひどいストライクゾーンもあって)ボール球が多かったです。初回からマーティンにタイムリーを浴び2点を先制され、2回にも中村に犠飛を許し、3点のリードを許してしまいます…


f:id:KB301172:20210908082854j:image

ロッテの先発は美馬。3回に自身の暴投で1点を失いますが、6回1失点の投球。


f:id:KB301172:20210908082912j:image

宮城は5回3失点でなんとか試合を作り降板。2番手は吉田凌。


f:id:KB301172:20210908082922j:image

フェンスギリギリの大飛球もありましたが来田がこれを抑えて三者凡退。


f:id:KB301172:20210908082931j:image

7回には海田が今季初登板。安打を許すものの後続を併殺打に打ち取り見事三者凡退。シーズン終盤の救援陣で海田が躍動してくれたらこれ以上心強いものはないですね。


f:id:KB301172:20210908082940j:image

7回、ロッテのピッチャーは国吉。オリックス打線はチャンスを作るものの安達の併殺打とモヤの三振で得点ならず。この試合は杉本が徹底的に勝負を避けられ、モヤが凡退する場面が何度も見られました。


f:id:KB301172:20210908082958j:image

8回はヒギンスが登板。2アウトからピンチを招くも何とか無失点。


f:id:KB301172:20210908083008j:image

8回、ロッテのピッチャーはここまで8勝無敗、防御率1.05の佐々木千隼。

対するオリックスはここまでノーヒットの先頭・頓宮に対して大下を代打に送ります。


f:id:KB301172:20210908083023j:image

大下は6球目を振りぬきレフトスタンドへ!反撃の口火を切ります。

その後エチェバリアのエラーで同点に追いつきました‼

西野のライトフライも惜しかった…


f:id:KB301172:20210908083032j:image

9回のマウンドには守護神・平野佳寿


f:id:KB301172:20210908083042j:image

最後は連続三振で三者凡退。サヨナラ勝利を待ちます。

 

 

 

9回、ロッテのピッチャーは田中。

先頭の宗がヒットで出塁し、犠打で1アウト1塁。杉本は勝負を避けられてモヤ勝負。ここまで3三振・1併殺打のモヤが逆方向へしぶとく運んでランナー満塁。バッターは前の打席代打ホームランの大下。


f:id:KB301172:20210908083050j:image

2球目を叩いてセンターオーバーのサヨナラタイムリー!!

f:id:KB301172:20210908085002j:image
首位陥落から1日で首位返り咲き。大下は昨年プロ初出場した試合に続き、神戸で何かをやってくれる、本当に頼りになる男です。

 

f:id:KB301172:20211108150511j:plain

この日のヒーローはもちろん大下。

北九州訛りの喜びの声が生で聞けてよかった。

2021.08.29 B×Sh バルガスNPB初勝利&宗勝ち越しタイムリー含む3安打

オリックス・バファローズ福岡ソフトバンクホークス 第17回戦

13:00 京セラドーム大阪 9,966人

 

オリックスはBs夏の陣2021”B ENERGY”ユニフォームを着用。

 

 

スコア


f:id:KB301172:20210831075406j:image

 

勝利投手 セサル・バルガス 1勝

敗戦投手 カーター・スチュワート・ジュニア 1敗

セーブ  平野 佳寿 3敗16セーブ

ホームラン アルバレス(1号 ソロ) 栗原 陵矢(13号 ソロ)

継投

 ソフトバンク 和田-渡邉雄-スチュワートJr.-嘉弥真-津森-松本

 オリックス  スパークマン-富山-比嘉-バルガス-平野佳

 

スタメン

ソフトバンク

1 ニ 三森 大貴

2 遊 牧原 大成

3 中 柳田 悠岐

4 右 栗原 陵矢

5 指 アルフレド・デスパイネ

6 一 中村 晃

7 三 松田 宣浩

8 左 ダリエル・アルバレス

9 捕 甲斐 拓也

SP 和田 毅

 

オリックス

1 中 福田 周平

2 三 宗 佑磨

3 左 吉田 正尚

4 右 杉本 裕太郎

5 指 アダム・ジョーンズ

6 一 中川 圭太

7 遊 紅林 弘太郎

8 二 山足 達也

9 捕 若月 健矢

SP グレン・スパークマン

 

 

 

特別始球式にはティモンディの二人が登場。

 

f:id:KB301172:20210918153552j:plain

前田さん、左利きなんですね。

 

f:id:KB301172:20210918155530j:plain

高岸さんが投げたボールは140km/h。

 

3連投させないからオリックスでビハインドの場面とか投げてほしい。

 

 

 

試合経過

 

f:id:KB301172:20210918160318j:plain

オリックス先発はスパークマン。初回を三者凡退に抑える上々の立ち上がり。

 

f:id:KB301172:20210918160417j:plain

ソフトバンク先発は和田。こちらも三者凡退の立ち上がり。

 

3回、スパークマンは先頭打者に四球で出塁を許し、ボークなどで進塁したランナーが柳田のファーストゴロの間に生還。ソフトバンクに1点を先制されます。

4回、アルバレスのエラーなどでチャンスを作り、杉本、ジョーンズの連続タイムリーで2点をもぎ取り逆転‼

しかし、5回にはソフトバンク先頭のアルバレスがエラーを取り返すNPB初ホームランを放ち同点に追いつかれます。

球数はかさんだものの、結局スパークマンは5回2失点。十分に試合を作ってくれました。

 

f:id:KB301172:20210918161431j:plain

6回から2番手の富山がマウンドに上がりました。2アウトから中村晃に2塁打を打たれたタイミングで降板しました。

 

f:id:KB301172:20210918160642j:plain

3番手は比嘉。代打長谷川を申告敬遠で歩かせた後、前の打席ホームランのアルバレスを、伝家の宝刀・スローカーブで見逃し三振に打ち取りました。

 

f:id:KB301172:20210918164750j:plain

ソフトバンクも6回から継投に入りました。ピッチャーはスチュワートJr.。先頭の杉本を四球で出したものの、後続を併殺打に打ち取り三者凡退に抑えました。

 

f:id:KB301172:20210918164919j:plain

前日NPB初登板のバルガスが7回のマウンドに上がりました。不安定だった前日とは打って変わって三者凡退に抑えました。

するとその裏、山足のセーフティバントなどでチャンスを作り、宗が勝ち越しのタイムリー‼吉田正尚も2点タイムリー、杉本もタイムリ三塁打で続きこの回一挙4得点‼

 

f:id:KB301172:20210918164943j:plain

8回のマウンドにもバルガス。栗原にソロ本塁打を浴びたものの、その1点で抑え切りました。

BCリーグ・茨城アストロプラネッツ時代のチームメイトであるアルバレスとの対戦はありませんでした。

 

f:id:KB301172:20210918165225j:plain

9回はもちろん守護神・平野佳寿

 

f:id:KB301172:20210918165544j:plain

先頭・谷川原にヒットを許すも後続を3人で抑え勝利‼

バルガスはNPB初勝利。

 

f:id:KB301172:20210918165822j:plain

 

f:id:KB301172:20210918165508j:plain

ヒーローは勝ち越しタイムリー・猛打賞の宗佑磨とNPB初勝利を挙げたセサル・バルガス。



ガッチリ首位固め。圧倒的な強さでした。